いま走りたくなるメディア - スポリート 公式ブログ

スポーツの楽しさを共有するためのメディア スポリート の公式ブログです。

日清オイリオのMCTオイルを記事に影響されて試してみる。

スポリート編集長です。


物欲たっぷりのミーハーな私。最近記事公開されたアンバサダーレポートを見てMCTオイルに喰いつきました。

ブロガーでもありスポリートアンバサダーでもある横浜の全力中年さんこと全力さんのレポート。


日清オイリオ MCTオイル200gを自費で購入。

MCTとは(中鎖脂肪酸)のことらしいです。


メーカー資料とか色々と説明を受けたりもしました。

でも私は専門家ではないので、おおざっぱな理解で許してほしいですが以下は簡単な理解を。

カラダのエネルギーを作る代謝は大きく2パターン

「糖(炭水化物)代謝」か、「脂肪(脂質)代謝」か。
MCTを摂る目的は、要は脂肪を燃やしやすくしようぜってことらしいです。


素人理解のイメージ
糖:財布のお金(すぐ使う)
脂肪:金庫のお金(使いにくい)


普通に考えれば財布のお金(糖)が使いやすい。
金庫にお金(脂肪)が貯まってても、使いやすい財布のお金から使う。


言い換えれば、優先して糖を代謝していく身体の環境では脂肪は貯まっていく。これを糖代謝優位というらしいです。


よく聞く「糖質を減らそう」みたいな話は、この糖代謝が優位の状態から、脂肪代謝を優位にしようぜってことらしいです。

MCTはどんな役割か

MCTをとると、脂肪を代謝した際に出るエネルギー(ケトン体)が作られるらしくて、MCTを摂り続けていると(糖を代謝しやすい環境下でも)ケトン体を作ってしまうらしいです。え?それ、めっちゃ良いじゃないですか!


何故?と言われてもよくわからないけど。


もちろん魔法でも薬でもなんでもない、要は油ですから。MCTを単に摂れば良いという訳ではないですよね。当然カロリーもありますし、運動習慣とか糖質を制限した食事とか、そういう日常生活のサポートとしてMCTを食事に混ぜて摂っていくというのが良さそうです。


私はよくコーヒーを飲むので少し入れつつ飲んでみました。ココナッツオイルなどに比べると無味無臭。これなら食事にも混ぜつつ継続摂取できそう。


なんとなくいけそうな気がしてきた(笑)。


秋のマラソン大会に向けてウエイトコントロール(カッコよく言ってみた。)を試みたいので、しばらくの間MCTを摂り続けてみます。