いま走りたくなるメディア - スポリート 公式ブログ

スポーツの楽しさを共有するためのメディア スポリート の公式ブログです。

元スポーツ担当バイヤーがコッソリ教える、ランニングシューズのお買い得時期とその理由

スポリート編集長です。


長年販売店のスポーツ商品バイヤーをしてきた中で培った知識があります。できる範囲で書いてみようかと考えてみました。内容の保証はできませんが役立つことがあれば。。。


皆さんはランニングシューズを買うときに「いつ買えばお買い得なのか」と迷ったことはありませんか?
購入のタイミングで「価格」は最も気になるところ。もちろん言い切れる法則的なものはありませんが、市場の動向から一定の流れはあります。私が買うとしたら、と考えてみました。


(参考)ランニングシューズの交換時期 | いま走りたくなるメディア - スポリート

【拡販シーズンを狙う】
多くのメーカーブランド商品は、ランニングなら10月などメインシーズンに入ると一斉に拡販が始まります。そして12月などセールシーズンでピークに入って一斉に売り切ろうと急ぎます。だいたい発売から3ヶ月くらいである程度弾力的に価格が変動する場合が多いです。(最近は価格変動のスピードがどんどん早まってます)
各販売店はいかにお客様を捕まえるか、アレコレ考えながら販促してますので、もしネットで購入を考えているなら「メルマガ登録」するなど最新情報を拾えるようにしておきましょう。特に週末などは要チェックです。
また最近のネットショップは「売価+ポイント」など付帯サービスで競争が激化中。ショッピングモールを利用するなどの場合はクーポンの有無や、ポイントの倍率などを意識するとよいと思います。
また侮れないのはその「販売店独自のショッピンサイト」があった場合。
店頭と同じで、自社に来てくれたお客様は大事にしたいですよね。よく購入してくれる優良顧客を特別に優遇することも。限定セールなど販売店毎に様々なサービスを打ち出していることもありますので、よく買い物をするネットショップなどは逃さず確認しましょう。


【前モデルを狙う】
今のような秋シーズンであればメジャーブランドは新製品が発売しているころです。
よって、シリーズものであれば前モデルなどが処分価格になっている可能性が大。
(例:ミズノ「ウェーブライダー21」2017年9月に発売→「ウェーブライダー20」が値下げ)
自分で欲しかったシリーズは見張っておいて逃さず買いましょう。


どのレベルのランナー向け商品かで、シリーズ名を変更して新発売するタイプもあります。カタログをわざわざ見比べる事自体あまりしないので気づきにくい。。。
自分の普段使っているシリーズが新製品で無くなった場合はだいたい後継品があると思います。販売店での明記が無い場合でもメーカーのWEBページで機能やスペックを確認しておくとよいです。シリーズ名は変えても商品展開を止めるメーカーはあまりありません。せっかく掴んだお客様を他メーカーへ逃がすことになるからですね。


【在庫切れに注意】
クリアランスの処分時期に入ると市場の在庫が一気に無くなる可能性もあります。
サイズにもよりますが、レディースでは23~24cm、メンズでは26~27cmくらいをだいたいメインサイズとして在庫を多く持ちつつ、それ以外のサイズは(在庫スペースは限りがあるので)在庫を少なく持つのは販売店の定石です。よってサイズ次第で入手難易度が変わります。ちなみに私はシューズサイズ約28cmなので処分品をのんびり購入しようとすると結構売り切れになったりします。


あとはカラーです。
定番カラーといえる「ブラック系」「ネイビー系」や、シーズン毎の「トレンドカラー」などは在庫多めの傾向がありますが、差し色的なカラーは在庫少ない場合も多いです。極端には未展開カラーがある販売店も存在します。
トレンドカラーは毎シーズンブランドごとにも違うのですが、メーカーが違っても似たカラーになる場合があります。そういう時は「あぁ、このカラーが今期の押しなのか~」と思って、メーカーの思惑に乗る場合と、乗らない場合とがあります。販売店の考え方によるところ。


【市場の動向を読む】
メーカーが「売りたい!」と考えて開発した商品であっても、販売店も「売りたい!」と乗ってこないと結局売れないのです。
よって「メーカーがいかに力を入れている商品か」この点は結構ポイントだったります。一般消費者が判断するのにはよく宣伝されているもの、といったアバウトな感じになるのですが、メーカー直営ネットショップなど見ると高確率で目立つ位置にあったりしますので参考にすると良いと思います。
そのような商品は「主力商品」といったりしますが、在庫が市場に多く出回りつつも、処分時にしっかり価格下がる傾向があります。この辺の仕組みはシークレットな部分が多いので割愛。


ポイントは「在庫」です。
在庫状況が多いものは少なくしようと価格が下がる傾向にあります。
逆に在庫が少ないものは価格が下がりきらない場合もあります。
在庫が少ないというのは=市場の見込需要が少ないと見られているので一定の需要をさらうと完売するというパターンです。在庫状況とその販促背景がわかっていると結構な精度で市場の動きが予測できます。まぁその在庫状況を一般に知るのが難しい訳ではありますが。。。こればっかりは関係者でないとわからない部分だったりもします。


長々と書きましたが、とにかく処分やセール時期に欲しいものを探すというのは一般論として正しいです。あとは売り切れる前にゲットするかです。ココが情報戦になるところ。


【補足:新製品について】
発売のシーズンに入って、新製品は店頭に並びます。
しかし一般のイメージと違って(?)メーカー自体は発売の時には在庫を持ってないケースが多いです。特に外資ブランドは在庫を潤沢に持つことはしません。発売されると販売店や代理店に在庫が移動するのでメーカーは在庫を持たないのです。
なので市場では、販売店&代理店が売ろうと一生懸命頑張って、メーカーは販促や宣伝で商品周知を頑張っているというイメージです。例外ももちろんありますが。


商品の発売は当然前もってスケジュールされているので「*月に**シューズ発売」と事前に決まってます。おおよそ年2回開催される展示会(商談会)で前もって商品が展示され、販売店はそこで販売予定の在庫発注などをしています。だいたい春夏と秋冬に分かれているのですが、夏に秋冬の商品を見たりと先のシーズンを見ますので、気候や市場の動向など様々なアンテナをはって情報を仕入れて、バイイングの精度を上げたりしています。


こうしてスケジュールされた新商品をシーズンに入って如何に早く売るか。また在庫が残ってしまった場合は如何に早く処分するか。メーカー・代理店・販売店によるシーズンレースを通して消費者に商品が届いているのですね。


以上、すべてのメーカー商品に適応できる話でもありませんし例外も沢山ありますが一般論として参考にしてみてください。